ラバーカップの使い方とは

ラバーカップなんて誰でも使えると思ってる人もいるのではないでしょうか。しかしラバーカップをただやみくもに使ったからといって、トイレつまりが解消できるわけではありません。異物を流したわけでもないのに、ラバーカップをいくら使っても解消できないこともあります。

異物を流したときにはラバーカップでは解消できないこともありますが、そうでない場合では多くがラバーカップの正しい使い方をしていないために解消できていないようです。ラバーカップを使ってトイレつまりを解消する時には、ラバーカップによってつまっているものを押し流すというイメージで使っている人も多いことでしょう。しかしラバーカップの正しい使い方は、つまっている物を押し流すのではなく、吸い出すというイメージで使うことです。

ラバーカップを使うときには、まずは便器に溜まっている水が 便器の表面から10cm程度水位が低くなっていることを確認しましょう。もしギリギリまで水位が高くなっている場合には、ラバーカップを使うことであふれてしまうこともあるので、水位が低くなるまで待つか、バケツや灯油ポンプなどを使って水位を下げましょう。

水位を確認したらラバーカップを使います。ラバーカップの使い方はあくまでもつまっている物を吸い出すというイメージを持つことが大切です。便器の穴にラバーカップをしっかり当てたら、ゆっくりと押し込みます。

そして、つまっている原因となるものを吸い出すように引き上げます。ラバーカップを使ったトイレつまりの解消法では一回や二回で解消できることもありますが、多くが複数回繰り返す必要があります。何度もこの作業を繰り返し、つまりの原因を吸い出すように繰り返してみましょう。今までラバーカップを使って解消できなかった人も、このイメージを持つだけで意外に短時間でトイレつまりが解消されるかもしれません。