ラバーカップの注意点

ラバーカップを使用ラバーカップを使う時には、素早くパカパカと動かす人もいます。ラバーカップはただ使えば解消できるというものではありません。軽いつまりならこのような動作でも解消できることもありますが、通常はこのようなやり方では解消することはできないでしょう。押すときには2秒程度の時間をかけてゆっくりと押し、1秒程度で引き上げると言うのが基本的な動作です。

トイレットペーパーや汚物によってつまった場合には、ラバーカップを使えば、ほとんどのつまりは解消できるでしょう。しかし、つまりの原因がトイレットペーパーや汚物以外のケースでは、ラバーカップでは解消できないことの方が多いです。

子供がトイレで遊んでいておもちゃなどを流す場合もあります。このような場合のつまりであっても、おもちゃの形状や素材によってはラバーカップを使うことでつまっていたおもちゃが浮き上がってくることもあります。

しかし水に溶けないティッシュペーパーであったり、携帯や財布、生理用ナプキンやおむつ、といったものでつまった場合には、ラバーカップで解消するのは難しいでしょう。このような場合には無理に自分で直そうとするのではなく、専門業者に依頼することをおすすめします。

ラバーカップの使い方とは

ラバーカップなんて誰でも使えると思ってる人もいるのではないでしょうか。しかしラバーカップをただやみくもに使ったからといって、トイレつまりが解消できるわけではありません。異物を流したわけでもないのに、ラバーカップをいくら使っても解消できないこともあります。

異物を流したときにはラバーカップでは解消できないこともありますが、そうでない場合では多くがラバーカップの正しい使い方をしていないために解消できていないようです。ラバーカップを使ってトイレつまりを解消する時には、ラバーカップによってつまっているものを押し流すというイメージで使っている人も多いことでしょう。しかしラバーカップの正しい使い方は、つまっている物を押し流すのではなく、吸い出すというイメージで使うことです。

ラバーカップを使うときには、まずは便器に溜まっている水が 便器の表面から10cm程度水位が低くなっていることを確認しましょう。もしギリギリまで水位が高くなっている場合には、ラバーカップを使うことであふれてしまうこともあるので、水位が低くなるまで待つか、バケツや灯油ポンプなどを使って水位を下げましょう。

水位を確認したらラバーカップを使います。ラバーカップの使い方はあくまでもつまっている物を吸い出すというイメージを持つことが大切です。便器の穴にラバーカップをしっかり当てたら、ゆっくりと押し込みます。

そして、つまっている原因となるものを吸い出すように引き上げます。ラバーカップを使ったトイレつまりの解消法では一回や二回で解消できることもありますが、多くが複数回繰り返す必要があります。何度もこの作業を繰り返し、つまりの原因を吸い出すように繰り返してみましょう。今までラバーカップを使って解消できなかった人も、このイメージを持つだけで意外に短時間でトイレつまりが解消されるかもしれません。

トイレのつまりの定番アイテム

トイレつまりは誰でも経験するトラブルの一つではないでしょうか。今までトイレつまりを経験していない人でも、いつ突然トイレつまりが起きるかわかりません。そのためこのトイレつまりの解消方法を事前に知っておくことはとても大切なことです。

このトイレのつまりを直すにはいくつかの方法があります。便器に溜まっている水を汲み出し、バケツに水を入れて高い位置から流すことで、水圧によって軽いつまりなら解消することができます。その他にもお湯を流してみたり、パイプクリーナーなどの洗浄剤を使う、ワイヤーブラシを使ってつまりを解消する方法もあります

最も確実で手軽に解消する方法が、専門業者に依頼をすることでしょう。費用はかかりますが、専門業者に依頼をすればほとんどのつまりが短時間で解消することができます。ただ、業者依頼では高い費用が必要となりますし、悪徳業者などもいることから利用するのをためらう人もいるでしょう。

トイレつまりで多くの人が解消するために使ってるアイテムがラバーカップです。特にトイレつまりをよく起こす家庭では常備している人もいるでしょう。ラバーカップなら安く購入することができ、トイレつまりが起きれば自分ですぐに解消することもできます。

ここではこのラバーカップの効果的な使い方、ラバーカップを使う上での注意点を紹介します。ラバーカップの正しい使い方を身に付けて、いつトイレつまりが起きても良いように準備をしておきましょう。

【参照リンク】
トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法