ラバーカップの注意点

ラバーカップを使用ラバーカップを使う時には、素早くパカパカと動かす人もいます。ラバーカップはただ使えば解消できるというものではありません。軽いつまりならこのような動作でも解消できることもありますが、通常はこのようなやり方では解消することはできないでしょう。押すときには2秒程度の時間をかけてゆっくりと押し、1秒程度で引き上げると言うのが基本的な動作です。

トイレットペーパーや汚物によってつまった場合には、ラバーカップを使えば、ほとんどのつまりは解消できるでしょう。しかし、つまりの原因がトイレットペーパーや汚物以外のケースでは、ラバーカップでは解消できないことの方が多いです。

子供がトイレで遊んでいておもちゃなどを流す場合もあります。このような場合のつまりであっても、おもちゃの形状や素材によってはラバーカップを使うことでつまっていたおもちゃが浮き上がってくることもあります。

しかし水に溶けないティッシュペーパーであったり、携帯や財布、生理用ナプキンやおむつ、といったものでつまった場合には、ラバーカップで解消するのは難しいでしょう。このような場合には無理に自分で直そうとするのではなく、専門業者に依頼することをおすすめします。